教員募集のアイティーチャー| 塾や私学の紹介・派遣情報

教員採用支援のアイティーチャー
03-6805-0596
アイティーチャーはあなたに代わって採用の基準を聞き出します。お互いの条件にマッチするところだけ面談にお越しいただきますので、闇雲に履歴書を書いたり、登録会等で足を運ぶ必要はありません。
「採用前提の面談」を演出することがアイティーチャーのこだわりです。

紹介・派遣までの流れ

首都圏800教室から急募情報を随時更新!

即日勤務可能な方、早期にスケジュールを安定されたい方大募集!
現在お勤めの教職員に配慮し一般公開の難しい求人もあります。
メールで最新求人を受け取れるオンライン登録をお願いいたします。

オンライン登録

◆09月29日(土)13:00~15:00『教員採用セミナー』 >>詳細
私立学校の校長先生をお招きし、面接で勝ち残るための“いろは”を伝授します。履歴書のアピールポイントから 面接官が「どこに着目しているか」まで、実例をもとに具体的な解決策をお伝えします。


アイティーチャーの『最新お仕事情報』

名称未設定 2のコピー
学校には公立学校と私立学校の2種類があり、それぞれ採用の流れが異なります。

<公立>

b5a64ca34c502ffbf707d5259bcddaf5
 
教員採用の1年の流れ
 
①願書の提出
教員を採用する都道府県市は、例年4月上旬~5月下旬に、募集教科・人数、採用試験の実施内容、実施スケジュールなどを明記した募集要項を発表します。
願書については、郵送や本人持参のほか、インターネットでの出願を受け付ける自治体も増えています。
 
②1次試験(筆記試験)
ほとんどの都道府県市は1次試験と2次試験を実施します。1次試験は筆記試験が中心となる自治体が多いですが、集団面接を実施する自治体もまれにあります。
筆記試験の内容は教職・一般教養や専門教養となり、一定基準の点数を超えないと2次試験には進めません。
 
③2次試験(面接・実技)
2次試験は面接と論作文、実技が中心で、教員としての適性が評価されます。面接は個人、集団討論、模擬授業とさまざまな形式で数回実施されます。

<私立>

31a892ddedf6c422b78c1b9fb80ea991
 
教員採用の1年の流れ
 
※学校によっては4月~5月から募集を行う学校もあります。
※近年は各学校で採用説明会を行う学校もあります。
私立学校で行われる主な選考
①書類選考(履歴書)
②筆記試験(教科試験・作文)
主に指導科目に関する試験が行われます。学校によっては教育に係るテーマの作文を行います。
③面接
面接を通して、教員としての適性や自校への適性を判断します。
④模擬授業
模擬授業を行う学校もあります。面接と合わせて行う学校もあり、指導能力や教員としての適性や自校への適性を判断します。
 
[参考URL:一般財団法人日本私学教育研究所HP]
http://www.shigaku.or.jp/index.html
医学部予備校のトップブランド、医学部予備校アイメディカが運営する人材サービス部門Ai-teacherは学内予備校で培った独自の私学ネットワークを活かして皆さんのお役に立ちます。
また、現在私学で非常勤をされている先生には予備校のお仕事を、予備校の先生には午前・お昼間の学内予備校にご案内することによって先生の1日がさらに充実したものとなるように努めてまいります。学校の基礎力、予備校の底力が結びつくことによって、日本の教育力がさらに向上することを目指します。
当サイトでは教員を探している学校の求人情報をいち早くご提供いたします。Ai-teacherに登録をすると同様のサイトの更新情報を追いかける必要はなくなり、メールやお電話で誰よりも早く求人情報を手に入れることができます。
英語・数学・国語・理科(物理、化学、生物、地学)・社会(地歴、公民)に限定せず、技術や家庭科、保健体育、養護、情報、幼稚園、小学校など、様々な求人を取り扱っています。また、ご案内の方法も派遣、紹介、紹介予定派遣などご希望に合った就業形態をご用意しており雇用形態も専任教諭、専任講師、常勤講師、非常勤講師と様々です。さらにAi-teacherでは母体である予備校のつながりを活かして学内予備校や放課後課外授業など、これまでとは異なる私立学校との関わり方もご提案してまいります。
もちろんすべてのサービスは無料でご活用いただけます。